研修一覧

研修一覧

「患者の問題解決」とともに「看護師のやりがい感」が得られる
看 護 師 長 の マ ネ ジ メ ン ト

2025年に向けてめまぐるしく変化する医療を取り巻く環境の中で,病院は組織構造等を変化させて対処しています。この状況下で,看護師長はさまざまな対応をしなければなりませんが,「何をどうしたらよいかわからない」「何も考えられずに,行動を起こせない」といった看護師長がいます。少し立ち止まり,組織を見直し,ビジョンを掲げ,看護師と共に,看護師の本務である「患者の問題解決」に取り組む組織の構築を行いましょう。

講 師 得丸尊子(とくまる・たかこ) 
有限会社ナーシングサポートセンターすばる代表

大分医科大学(現大分大学)医学部附属病院副看護部長4年、看護部長6年勤務。2006年より、現職。
内 容 1)看護師長は何をすべきか
 〇患者が困っていること、患者が気付かない問題
 〇看護師は何をする人
  ・看護師は医師の指示を遂行できればよいか
  ・「仕事をこなす」人は、患者の自然治癒力を高めているか
 〇看護師長は何をする人
  ・看護の質を保証する看護組織をつくる
  *「看護の質を保証する」とは、 何をどのようにすることか

2)看護師長として知っておきたいこと
 〇遵守しなければならないこと
  ・保健師助産師看護師法 ・医療法 ・入院基本料 ・労働基準法

3)看護師長の能力開発
 〇問題解決思考、変革に取り組む思考
 〇患者の問題解決を行う組織運営:看護師自らが動く組織
  ・看護ケアマネジメント
  ・看護実践の標準化と仕組み作り
  ・看護師各自が役割を自覚
 〇看護師の能力はどのようになればよいか、 どのように指導するか
  ・看護師の臨床実践能力
  ・臨床判断をのばす問いかけ
 〇時間管理
主 催 コメディカルアカデミー
募集・運営代行 お茶の水ケアサービス学院
対 象 看護師長,看護師長を代行する副看護師長,主任,今後看護師長に昇進予定
料 金 24,000円
Copyright(c)コメディカルアカデミー株式会社. All Rights Reserved.